2005年10月12日

僕たちは世界一、ヘタッピーなオーケストラだった。

バイオリンに入ってきた女性はまずはキラキラ星を習う。
そういえばそんな曲に聞こえるかな、という程度だ。

僕はinFで書かれた楽譜にとまどった。

え? なになに? この楽譜ではドの位置に♪があると、それはピアノのファの音で、それからトランペットがそもそもB♭管なので半音上げて吹くんだから。。。。と頭の中がウニウニです。

とにかく1ヶ月かけて、一年生だけで一曲を仕上げないといけない。
それが、僕たちの記念すべきクラシック音楽、古典音楽となるのだ。

選ばれた曲はバッハの「主よ、人の望みの喜びよ」という曲だ。
posted by ホーライ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 初めてのオーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。