2005年10月15日

ニオイを放つ白衣の天使が(悪魔が)いる大学

私立の単科大学(薬科大学)としては、多分、日本で唯一だろと言われていたのが僕が所属していたオーケストラ部だ。

薬科大学(薬学部)というのは、とにかく実習や実験が多い。

それも午前中が講義で、午後から実習とかね。

だから、みんな実習の合い間(有機化合物を合成するために加熱している隙を縫って)に白衣のまま、練習場に現れたりしていた。

すると、その人たちからは酢酸のニオイやらラットのニオイがするのだ。

しかし、それごときにニオイに負けるようでは薬科大学の学生はやってられない。

……ということで、白衣の天使が(悪魔が)座っているハルモニア管弦楽団は日夜、練習に励むのでした。
posted by ホーライ at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 初めてのオーケストラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8152109

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。